一人で形の稽古を行っていると、敵の動きなどを意識した動きが分からなくなり、武道の形のはずが踊りと変わらなくなってしまいます。そのため、木刀をもって二人一組で立ち会う組太刀稽古を行うことによって、敵の間合いを習得します

画像上でクリックすると大きな画像になります。

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。

  • Facebook - Grey Circle
  • LinkedIn - Grey Circle
  • Google+ - Grey Circle